2012年04月16日

確率から分析をして、株の買い時・売り時を判別する方法

確率から分析をして、株の買い時・売り時を判別する方法


テクニカル分析とは、過去のチャートや株に関するさまざまな指標を元に、
確率から分析をして、株の買い時・売り時を判別する方法です。






インターネットの普及で個人投資家もプロなみの投資環境を手に入れることが可能になりましたが、正しい知識がないために失敗する投資家が後を絶たちません。


そのような状況のなかで、
短期売買において絶対に抑えておくべきテクニカル分析の基本知識として、
本セミナーの意義は大きなものだといえます。


テクニカル分析とは、過去のチャートや株に関するさまざまな指標を元に、
確率から分析をして、株の買い時・売り時を判別する方法です。


株式投資は、相場の心理にも大きな影響を受けるため、
過去の経験則が完全には当てはまらないことも多々あります。


しかしながら 、多くの投資家が参考にしている指標を理解しないまま投資を行うということは、
赤信号を一人で渡ることに似ています。


だからこそ、テクニカル分析の知識を完全にマスターすることは、
相場の先を読むために非常に重要な方法であり、投資で負けてしまう確率を下げ、
勝てる確率を高めるために必要なことだといえるでしょう。


なぜ高名な投資家たちは、
一生かかっても使い切れないような資産を残すことに成功したのでしょうか?


なぜ一般大衆と揶揄される個人投資家は損ばかりしているのでしょうか?
本セミナーで、その答えを知ることになります。


常に相場をテクニカルの視点から分析し続け、
成果をあげ、チャートの鉄人と呼ばれる川口一晃氏より、
その真髄を基礎から実践まで深く学びます。

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄
中国株情報の定番サイト
韓国投資情報センター
DVD 海外投資即実践講座―タイ・ベトナム・ドバイ・アメリカと新興国



タグ:株の買い時
posted by セミナーさん at 05:21 | 宮城 ☁ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

澤上篤人の『長期投資入門講座』

澤上篤人の『長期投資入門講座』


株式投資を行っている人ならば、多くの方がウォーレン・バフェット氏の名前を挙げることでしょう。

バフェット氏はアルバイトで稼いだ100万円を元手に、
株式投資を開始。一度株を買ったら長期間保有するというバイ・アンド・ホールド型の
少数銘柄フォーカス投資で3兆6000億円の個人資産を築きました。







澤上篤人の『長期投資入門講座』

株式投資を行っている人ならば、多くの方がウォーレン・バフェット氏の名前を挙げることでしょう。

バフェット氏はアルバイトで稼いだ100万円を元手に、
株式投資を開始。一度株を買ったら長期間保有するというバイ・アンド・ホールド型の
少数銘柄フォーカス投資で3兆6000億円の個人資産を築きました。


そして1994年、米国経済誌「フォーブス」の選ぶ長者番付の1位に輝き、
本当に価値のある企業を長期間保有すれば
大きなリターンが得られることを証明したのです。


機関投資家のレベルが低いと言われる日本でも、
優秀な成績を残し続けている投資信託があります。
それがさわかみ投信です。


さわかみファンドの運用スタイルは、
「成長が期待できる銘柄を、株式市場の評価が低い時に購入し、
市場での人気が高まってきた時に売却し、
大きなキャピタルゲインを狙うという長期バイ・アンド・ホールド型の運用」であり、
ウォーレン・バフェット氏の運用哲学と非常に近い運用を実践しています。


本講座では名実ともに世界と渡りあうファンドマネージャー澤上篤人氏より、
株式投資の王道とも言える「長期投資」を3時間みっちりと学びます。


澤上氏が受講生の質問に答えながら、
自身の運用哲学を惜しげもなくお話されています。

ドバイ株投資完全マニュアル 企業情報編 特選30銘柄
エンジュク株投資セミナー
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
posted by セミナーさん at 05:16 | 宮城 ☁ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月26日

照沼佳夫の現役ヘッジファンドマネージャーによる相場技術体得セミナー

照沼佳夫の現役ヘッジファンドマネージャーによる相場技術体得セミナー







講義概要
第一部 短期売買理論編
はじめに
株式投資の現状
株式投資の基本概念
株式投資に対する考え方
投資の知識
株式投資に対する問題点
 1.現在の投資手法の問題点
 2.間違った常識
 3.分析指標の問題点
 4.コンピュータ分析ソフトの問題点
 5.確率の問題点損失の方程式
リスクについて
投資とストレス
利益を求めて
株式投資のキーポイント

第二部 短期売買実践編
相場観測
銘柄選択
下値抵抗線、上値抵抗線のメカニズム
売買タイミング
  1.出来高による利食いの方法
  2.上げ幅による利食いの方法
  3.高値利食い法
  4.損切り
  5.最大の損切り幅
  6.通常の損切り幅
posted by セミナーさん at 08:33 | 宮城 🌁 | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年02月12日

上方修正銘柄で利益をあげる成功法則

上方修正銘柄で利益をあげる成功法則
「上方修正銘柄で利益をあげる成功法則」3週間オンライントレード集中講座









こんにちは、ふりーパパ です。

2011年4月のふりーパパ投資塾
有料会員の受講者が発掘した遠藤照明(6932)。 

大証上場の小型株ですが、
LED照明の生産をしていることもあり、
経常利益は来期には倍増するという予測まででてきました。

原発事故のために節電需要で
LED照明器具の需要が大きく高まったことが、
この会社の業績に勢いをつけました。

このような新商品 のヒットによって
伸びる株はたくさんあります。

ある程度の規模の会社においても、
世の中の流れに沿った商品を提供することによって、
大きな変化をみせるも のです。

同社の株価は、
4月の新高値の約700円どころから、
7月20日時点で1400円近くになっています。

もちろん好業績に裏付けられた株価ですので、
仕手株のような急落の心配はありません。

好業績の勢いを買って、
この会社がどこまで発展していくのか
じっくりみていてもいいでしょう。


●また、6月28日の有料会員限定オンラインセミナーで、
受講生が発掘した自動車部品会社に、
カルソニックカンセイがあります。

UBS証券のレポートで、
株価目標が630円というのが発表されたこともあり、
6月30日だけで株価は10%も上昇しました。

自動車部品会社は、
大震災でのサプライチェーンの崩壊によって、
製品が供給できないという窮地に追い込まれましたが、
現在は ほぼ大震災前の状況を取り戻しつつあります。

世界的には、自動車販売が好調なことから、
業績も史上最高益を更新する会社も多く、
引き続き注目セクターであることは間違いないようです。

特に日産系列の部品メーカーは、
ゴーンCEOが世界での8%シェアをぶちあげたこともあり、
勢いがあるようです。


日経平均が低迷している現状で、
このような銘柄を発掘できれば、
あっという間に株価倍増なんて銘柄が
たくさんみつかるのが私の投資手法です。

このような結果が簡単に出せる
日本にも成功した投資手法がある
ということを伝えられればと思います。


今年は、3月の大震災後の下落相場で躓きましたが、
下半期も日本企業は、20%以上の増益が予想されており、
まだまだいい投資環境が続くことを想定しています。

よかったらみなさんもこの講座にご参加ください!


正真正銘、投資で高い成果をあげ、
大きな資産を築いてきた投資家です。


なお、ふりーパパは、
2009年には、年率換算で約80%、
2010年には、年率約70%の成果をあげています。

なお、2011年は震災がありましたが、
その後は、受講生の発掘銘柄含め絶好調です。

震災のダメージを受けたにもかかわらず
今年も大きな利益をあげている投資法です。


もし、あなたが短期間で資産を築きたいと考えているのであれば、
5年に一度といわれる上昇相場が迫っている今、
この投資手法を取り入れない手はないのです。


ふりーパパの投資手法について簡単にご紹介します。

株式投資をしている多くの方は、
企業の業績修正の発表直後の相場での
大きな株価変動を体験されたことがあると思います。


そしてその株価変動は、
市場のコンセンサスから乖離が大きい発表が出たときほど、
大きくなるということも、経験則から知っていると思います。


たとえば、大きな赤字が出るだろうと誰もが予想していた企業が
大きな黒字になるという発表をすれば、
株価は大きく跳ね上がるという具合です。


ふりーパパは、この上方修正の発表後の値動きを利用して
長年にわたり大きな資産を築いてきた投資家です。

具体的には新高値銘柄をチェックし、
ファンダメンタルをもとに銘柄を分析し、
ボックス圏の上抜けや下抜けをもとに売買を行う方法を取っています。


本講座では、このふりーパパがどのような考え方で銘柄発掘や銘柄分析を行い、
売買を行っているのかについて、具体的な方法をお伝えしています。
posted by セミナーさん at 17:16 | 宮城 ☀ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年12月17日

上野ひでのり先生の『サヤトレーダー養成プロジェクト』セミナー

上野ひでのり先生の『サヤトレーダー養成プロジェクト』セミナー

期間勝率97.2%を記録したサヤ取りの優位性とは?









第1部

  ・個人投資家で生涯利益を出せる人はわずか5%未満。

  ・サヤ取りで生活して億万長者を目指す。

  ・期間勝率97.2%を記録したサヤ取りの優位性とは?

  ・商品先物取引のサヤ取りこそ王道であり、最も簡単な手法。


第2部
  ・商品先物のサヤ取りの理論
  ・限月間サヤ取りと銘柄間サヤ取り
  ・日々のルーティンワーク


第3部
  ・上野式サヤ取りの特徴と優位性。


便秘解消 ポッコリお腹をスリム
糖尿病改善法
ダイエットで減量しましょう
posted by セミナーさん at 06:38 | 宮城 ☀ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月23日

山本潤のファンダメンタルズ分析日本株アナリスト養成講座

山本潤のファンダメンタルズ分析日本株アナリスト養成講座

バリエーション: PERやPBRや配当利回りを参考に投資判断と目標株価を 設定する









第1部モメンタム: 増益率・減益率の「変化」を評価し、投資タイミングに活かす。

第2部
バリエーション: PERやPBRや配当利回りを参考に投資判断と目標株価を 設定する。モメンタムとあわせて用いると有効的。

第3部
BSとPL:各種回転率、減価償却年数の「変化」に留意をして、収益がゆがめられてい ないかをチェックし、目標株価(目標PER・PBR)に反映させる。安全性などの信用リスクをチェックする。信用リスクには、流動比率、自己資本比率等を 参考にする。信用リスクを目標株価(目標PERやPBR)に反映させる。さらに、業績予想の確度をチェックする。短期的な業績予想は進捗率と業績トレンド から判断する。

第4部
経営:経営を評価し、経営内容を目標株価に反映させる。

第5部
成長株: 第4部まででは評価のしようのないカテゴリーに挑戦する。成長株の定義を知り、成長株については、普及率などを参考に、業績予想を立て、成長率のイメージを得る。PEG2倍を目標価格に設定する。成長株投資は、取材が不可欠であり、経験が必要とされる。PEGの習得。


ゆず柚子 たべよう
ダイエットで減量しましょう
posted by セミナーさん at 16:46 | 宮城 ☁ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年11月13日

土屋賢三システムトレード講座特別セット

土屋賢三システムトレード講座特別セット

「そろそろ買いだ!と思って買ったら、株価が急落した。」
「またはまだまだ下がるだろう・・・と思って売ったら、大きく反発した。」








誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

土屋賢三システムトレード講座特別セット


毎日、変動するマーケットを見ていると、

時として、
その値動きから「収益機会では?」と感じてしまう場合があります。



例えば、

「そろそろ買いだ!と思って買ったら、株価が急落した。」

「またはまだまだ下がるだろう・・・と思って売ったら、大きく反発した。」



実際にこのようなことを考えて、トレードをしている方はいらっしゃいませんか?


ただ、このような裁量(=相場観)によるトレードでは、損と得を繰り返しながら、

徐々に大事な投資資金を減らしてしまう傾向があります。


また、相場の変動に一喜一憂したトレードでは、

将来、どのくらいの収益が見込めるのかについても不透明です。


このようなトレードには欠如しているものがあります。

それは、「根拠に基づいて売買を行っていない」という点です。


この根拠に基づいた売買こそがシステムトレードの本質になります。


なぜなら、システムトレードでは、過去のデータの分析上で、

利益が出るタイミングを見計らって仕掛けるからです。


また、予め損切りのルールを事前に決めるなど、売買をルール化することで、

リスクも限定しつつ、トレードが行えます。


繰り返しになりますが、そのいう意味でシステムトレードは、

非常に根拠がある投資方法といえます。


近年、システムトレードは多くの投資家が実践するようになりました。


さて、この「システムトレード」は、

投資を行う際に裁量を排して、
[一定売買ルールに従って売買を行う方法で、

検証(バックテスト)を行うことにその方法を見出します。」

と一般的には知られています。


しかし、上記はシステムトレードの本質とは多少異なるかもしれません。

なぜなら、個人投資家の間で知られている一般的なトレードルールは、
「パターン認識モデル」と呼ばれるからです。


この「パターン認識モデル」とは、異なる区間の移動平均線のクロスや、
RSIといったオシレーター系指標を頼りにしたものなど、
ほとんどのルールはこのパターンに特化したモデルと言っていいでしょう。

しかし、土屋氏のようなプロが利用するシステムトレードは、
このパターン認識モデルとは全く違った方法である「マルチファクターモデル」
を利用しています。

さて、この「マルチファクターモデル」とは、おおざっぱに言えば、
市場の相関性に基いたトレードルールです。

世界には様々な市場が存在します。
その市場とは株式市場、商品先物市場、為替市場、債券市場などですが、
それぞれの市場は実は関連性が高い場合があります。

例)株式市場の動向が為替市場に与える影響など

つまり、マルチファクターモデルとは、
このような市場間の関連性を利用する手法なのです。

そして、このプロの手法は個人投資家でも実践が可能です。


========2011/11/13時点==================================
Oracle オラクル ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
========================================================
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
posted by セミナーさん at 15:12 | 宮城 ☁ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月13日

割安成長株の見極め方徹底マスター

割安成長株の見極め方徹底マスター

角山智の割安成長株の見極め方徹底マスター(実習講座)

仕事をしながら、週1時間程度の企業のファンダメンタル分析で銘柄を選定し、中長期で安定的に高いリターンを目指す方。個別株投資。


あなたは割安株投資で成功している投資家がどのような視点で銘柄発掘をし、利益をあげているかご存知ですか?


「下げ相場の中で、本物の"割安成長株"を 安く買い付けることができれば、下げ相場を乗り切った後のリターンは 計りしれないほど大きい」(角山氏談)

角山氏のおっしゃるように、市場全体が冷え込んでいる下落相場ほどこの投資法は威力を発揮します。

  下げ相場で、回りを見ても投資意欲の無い状態は、見方を変えれば、優良企業が割安に放置され、宝の山が眠っている状況ともいえるのです。

下げ相場につられ、ほとんどの小型株が下がったことにより、 割安感のある銘柄が増え、絶好の投資のチャンスが生まれるのです。


しかし、

・割安な株を買ったら −−> 万年割安株だった
・成長期待で買ったら −−> 「見せかけだけの」成長だった 

結果として、期待していた成果を得ることが出来なかった。

このような苦い経験はありませんか?


こんなチャンスのある今だからこそ、企業の割安度を見極める力は、 今後の投資成果を大きく左右する重要な力となります。

今大切なことは、この玉石混淆の企業の中から、どの銘柄を選び投資するかを「見極められる力」をつけることです。


角山氏は割安・成長株投資には3つのポイントがあるといいます。

 ■定量分析・・・事業素質に優れており、 FCF(フリー・キャッシュフロー)が潤沢である

 ■定性分析・・・環境に恵まれている

 ■企業価値・・・バリュエーション的に割安である



例えば、キャッシュフロー計算書には、

営業キャッシュフロー
投資キャッシュフロー
財務キャッシュフロー

という3つのキャッシュフローがあり、
これらを見るだけでも、ある程度のことがわかってしまいます。


本業でしっかり稼いでいる状態(営業CFがプラス)で、

設備投資を行っている状態(投資CFがマイナス)で、

借入金返済や配当金支払い(財務CFがマイナス)後も、

お金が残っている状態(現金同等物がプラス)。

基本的にこのような状態がのぞましく、これが「儲かっている状態」です。

角山氏は、これら決算書を元に企業価値を評価して投資を行うことで、

この10年間、平均株価がほぼ横ばいの中で、
TOPIXに対して600%のリターンをあげた個人投資家です。
角山智の割安成長株の見極め方徹底マスター(実習講座)


割安成長株の見極め方徹底マスター

エンジュク株投資セミナー
個人投資家の為のトレーダーズショップ
石田高聖の投資塾
posted by セミナーさん at 05:46 | 宮城 ☁ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エンジュク株投資セミナー 株之助のデイトレード
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
株から、IPOへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。