2007年07月22日

IPO(新規公開株)を手に入れようセミナー

IPO(新規公開株)を手に入れようセミナー


鮎川良の驚異の150連勝投資術

IPO(新規公開株)を手に入れようセミナー



投資資金が少ない方向け。リスクが極力少なく、高い確立で利益を上げられるIPO投資の実践知識を学びます。


大幅な株価上昇が見込めるIPO株の見分け方、
上場後の買い時売り時の判定法を手に入れます。









鮎川良の驚異の150連勝投資術!


IPO(新規公開株)を手に入れようセミナー




講座趣旨

「初値が公募価格の5倍以上になることもある!」

2004年7月2日にマザーズへ上場したリンク・ワンという会社は40万円の公募価格に対して7倍となる、281万円の初値がつきました。

他にも6月10日にJASDAQヘ新規上場したセックという会社は1950円の公募価格に対して6.2倍となる、12000円の初値がつきました。

この2つのIPO銘柄を手に入れた場合、実に341万円ものキャピタルゲインを得たことになります。

また、2004年4月〜2004年9月までの間に、IPO(新規上場)された銘柄は71銘柄あり、それらの全銘柄を1単位ずつ公募価格で購入できたとすると、投資金額は3844万円になります。




そして手に入れた公募株をすべて初値で売却したとすると、8794万円になり利回りで言うと+128.7%という脅威のパフォーマンスです。

さらに驚くことに、2003年9月19日〜2004年9月29日の間では、公募価格(購入権を手に入れた人が買える価格)より初値(市場ではじめて値がついた価格)が150連続で上回っています。

ここ最近まで、実に150連勝もしている投資法なのです。

しかしそれだけに、


IPOを手に入れるのは難しい

という声をよく耳にします。


マネー系の雑誌や、新聞などでも同様の記事を目にします。果たして本当にそうなのでしょうか?

当セミナーの講師鮎川氏が運営している「IPOファンクラブ」のメンバーの中には、相当高い確率で公募株を入手している個人投資家が存在するようです。

そしてそういった個人投資家はこの4年間ほどですでに大金を手にしており、できればIPOに関する情報や投資手法など、誰にも明かして欲しくないと願っているようです。

理由は簡単。


IPO投資のうまみが知れ渡ってしまうと、公募株を入手する倍率が上がってしまい、今までのように限られた投資家だけで果実を分配することが出来なくなってしまうからでしょう。

「IPOは手に入れることが出来ない。」という評判だけで、IPOに応募さえしない個人投資家を尻目に、着々とIPO投資で収益を上げ続けている個人投資家が存在しているようです。

当セミナーでは、日本におけるIPO投資の第一人者である鮎川氏が、IPOを手に入れるためのノウハウや、大幅な株価上昇が見込めるIPO株の見分け方、上場後の買い時売り時の判定まで、独自の手法を完全公開します。

IPOを着々と手にし、的確なタイミングで売却することで大きな収益を上げている投資家が何を考え、どう行動しているのかを詳細にお話いただける機会は、大変貴重であると言えるのではないでしょうか。

例えば、1997年11月にIPOを果たしたヤフージャパンは70万円の公募価格に対し、初値で200万円まで買われました。その後8回の株式分割を経て、2004年10月17日現在、最初に投資した70万円は何と、3億7783万円になっています。この夢のような世界こそがIPO市場の醍醐味です。

本セミナーはそんな金鉱脈を発見し、手に入れるためのガイドとなることでしょう。


IPO企業への取材やIPO株投資に関する情報サービスに関わってきた鮎川氏の経験と、鮎川氏の周辺にいる個人投資家の体験をベースに、IPO投資で勝者になるための様々なノウハウとテクニックを完全公開します。

◆この講座であなたが手に入れられる知識の一部を挙げると・・・
・IPOを着実に入手する人たちが実践するテクニックとは?
・目論見書を使った急騰するIPO銘柄の見分け方
・入手した公募株を売却するタイミング
・IPO後の値動きで大きな収益を得る方法
・金鉱脈銘柄を見分ける基準
・証券会社内で行われる公募株の振り分け方とは?


「努力すれば儲かるのが、IPO投資の良い所。」

鮎川氏はこう断言します。


本物の金鉱脈をつかんで、あなたも短期間で億万長者になってみませんか?
posted by セミナーさん at 19:11 | 宮城 ☁ | Comment(0) | IPOセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年02月15日

IPO投資で100万円儲かるお宝銘柄を

残席わずかです
神田隆氏出版記念セミナー



2006年73個、2005年42個当てた成功者から学ぶ

新規公開株(IPO)投資で

100万円儲かるお宝銘柄を当て続ける方法



【2007年2月25日(日) 13:30〜16:30 開催】


2005年、100万円の資金からスタートして

たった1年で800万円、2年目660万円利益確定した

ノウハウを完全公開!








神田隆氏出版記念セミナー



2006年73個、2005年42個当てた成功者から学ぶ

新規公開株(IPO)投資で

100万円儲かるお宝銘柄を当て続ける方法


2005年、100万円の資金からスタートして

たった1年で800万円、2年目660万円利益確定した

ノウハウを完全公開!



【講義内容】
・神田流IPO指標

・プレイバック2006’IPO投資

・公募割れ銘柄をつかまない方法

・2007’神田流IPO株をゲットし続ける方法

・34歳でハッピーリタイヤした思考法

・IPO株をゲットし続ける人に共通する3つのパワー

・●●●●サイクルでIPO株をゲットし続ける!

・配分ルール変更で抽選ルートにフォローの風

・2007’抽選ルートで狙える証券会社

・神田流!担当者と楽しくお付き合いする作法

・IPO株をゲットするための電話活用法

・2007’資金別IPO投資戦略の発表

・神田流!IPOゲットスパイラル



■講師紹介


神田隆(かんだたかし)氏



株式会社プロヘルプオフィス 取締役社長

1972年生まれ33歳 首都圏在住


<経歴>
1992年、2年間の浪人生活を経て入った東海大学法学部を1年半で中退。
1992年から6年間、地元の進学塾で講師(主に国語)を勤める。
1999年、27歳の時に父親が病に倒れ、プロヘルプオフィスに入社。
2005年、取締役社長に就任。



<投資歴>
2001年、20代で作った借金が数百万円
2002年、徹底した節約により借金返済
2003年、IPO投資を知る(余裕資金は30万円)
2004年、エンジュク主催の鮎川氏IPOセミナーに参加
2005年、神田流IPOゲット法で42個のIPO株をゲット



著書

『新規公開株IPO投資で100万円儲かる
お宝銘柄をザクザク獲得し続ける方法』



開催場所 フォーラム8(渋谷)  660会議室
東京都渋谷区道玄坂


●講座趣旨


今回のセミナーは、現時点で資金量の少ない方、また、極力リスクをとらない、より確実な実績のある投資手法を学びたい、という方向けの講義となります。




また、この新規公開株(IPO)は、
以下のようなうれしい特徴があります。

◎会社員をやりながらでも出来てしまう投資法。時間がかからない。

◎初期の資金量が少なくても出来る。お金がかからない。

◎難しい知識が必要ない。簡単に出来る。





このように投資自体が簡単に出来る上、なんと、

2006年のIPOは157勝19敗12分という高い勝率でした。
初値が公開価格よりも値上がった   → 157社
初値が公開価格と同じ価格だった。  →  12社
初値が公開価格よりも値下がりした。 →  19社


2005年のIPOは151勝3敗4分という高い勝率でした。
初値が公開価格よりも値上がった   → 151社
初値が公開価格と同じ価格だった。  →  4社
初値が公開価格よりも値下がりした。 →  3社



実績データをご覧いただいたとおり、勝率が80%以上と高い上、

「初値が公募価格の8倍以上になることもある!」のです。



2006年4月4日にヘラクレスに上場したジェイテックという会社は11万円の公募価格に対して8.7倍となる、96万円の初値がつきました。

2006年12月26日にヘラクレスに上場したeBASEという会社は18.5万円の公募価格に対して6.4倍となる、119万円の初値がつきました。


この2つのIPO銘柄を手に入れた場合、
たった数時間の労力で、実に185.5万円もの
キャピタルゲインを得たことになります。


2006年1月〜2006年12月までの間に、
IPO(新規上場)された銘柄は188銘柄あり、
全銘柄を1単位ずつ公募価格で購入できたとすると、
投資金額は6569万円になります。

そして手に入れた公募株をすべて初値で売却したとすると、
1億1202万円になり、
利回りで言うと+70.5%という脅威のパフォーマンスです。





公募価格(申し込んで抽選に当たれば買える価格)は、初値(上々初日の最初に市場がつける値段)での市場の評価よりも、割安に設定される事が多いため、

公募価格より、初値が上がることが圧倒的に多いのです。


公募価格で買って、初値で売った場合、
2006年は84%、
2005年は95%、
の確率で利益を出すことが出来たことになります。




手に入れることさえ出来れば、高確率で儲かる。

これが新規公開株(IPO)投資の現状です。





IPOは当たれば高確率で儲かる。

ではどうすれば当たるのでしょうか?





「IPOは手に入れることが出来ない。」という評判だけで、
IPOに応募さえしない個人投資家を尻目に、
着々とIPO投資で収益を上げ続けている個人投資家がいます。






「2005年に100万円の資金からスタートして、

たった1年間で42個IPOに当選して、800万円の利益、
2年目の2006年には73個当選して660万円の利益」


これが、今回ご講義いただく、神田氏の2005年、
2006年の新規公開株(IPO)投資の実績です。


◎データ;神田氏の2005年当選実績
◎データ;神田氏の2006年当選実績
(※カップルで投資されているため、カップルでの合計当選・利益です。)




そこには、本当は誰にも教えたくないほどの、
IPOをゲットするための強烈なノウハウがあるのです。




今回、神田氏のノウハウを学び、
愚直に行うことが出来れば、
あなたも同じようにIPOの当選確率を
上げることが出来るでしょう。


今回の講義は、2006年に73個当選という実績を引っさげた神田氏より、

IPOをどのようにすればゲットできるか?に、焦点を当てて教えていただきます。



今回の講義では、2006年に73個、
2005年42個という驚異的な実績を上げている
そのままのノウハウを、惜しみなく公開いたします。


本物の金鉱脈をつかんで、あなたも短期間で株長者の仲間入りをしませんか?



残席わずかです

勝率95%以上の投資術!

たった1年で42回当てた成功者から学ぶ

新規公開株(IPO)を当て続ける方法 セミナーDVD


詳細は今すぐ ココをクリック!


posted by セミナーさん at 19:13 | 宮城 ☁ | Comment(0) | IPOセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エンジュク株投資セミナー 株之助のデイトレード
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
株から、IPOへ