2007年05月11日

「投資に役立つ決算書」セミナー

「投資に役立つ決算書」セミナー
【2007年6月3日(日) 10:30〜16:50開催】


1995年から2006年で、通算600%達成!
角山智の一歩進んだ投資家のための

驚くほどよく分かる「投資に役立つ決算書」セミナー


講座の内容

■講義内容
1時間目(10:30〜11:20)
■決算書の流れ、損益計算書と貸借対照表(概要)
SHOEIの決算書を例に、損益計算書と貸借対照表を見ていきます。

2時間目(11:30〜12:20)
■貸借対照表(詳細)とキャッシュ・フロー計算書
貸借対照表とキャッシュ・フロー計算書からキャッシュの流れをつかみます。

3時間目(13:10〜14:00)
■経営分析
簡単な経営分析です。収益性、安全性、効率性の分析を行います。

4時間目(14:10〜15:00)
■経営指標とバリュエーション
ROEやPERについて説明します。会社四季報と決算書の関連についてもお話しします。

5時間目(15:10〜16:00)
■実習
ある企業の決算書を元に実習形式で分析します。

■質疑応答など(16:00〜16:30)
質疑応答とまとめを行います。


講師紹介

■講師紹介

角山智(かどやま・さとる)氏

角山オフィス 代表

建築資材メーカーの情報システム部門、経営企画部門を経て独立

1995年に株式投資をはじめ、TOPIXがほぼ横ばいの中、2006年までの概算リターンは600%を超える。

■著書
「超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術」
「株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術」
「黄金の3ステップでもうかるはじめてのバリュー株」

新刊「バリュー株で勝つための<図解>「決算書&企業価値」
分析ドリル」


開催日時

2007年6月3(日)  (10:30〜16:50)

◆タイムテーブル
受付  10:00〜10:30

1時間目(10:30〜11:20)
2時間目(11:30〜12:20)
(休憩)

3時間目(13:10〜14:00)
4時間目(14:10〜15:00)
5時間目(15:10〜16:00)
■質疑応答など(16:00〜16:30)


※お時間に余裕をもってお越しください。
※多少時間が延長される場合がございます

開催場所

全国町村会館 第2会議室 (永田町)

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35
TEL.03-3581-0471
●有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」
3番出口徒歩1分
●丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」徒歩5分





1995年から2006年で、通算600%達成!
角山智の一歩進んだ投資家のための

驚くほどよく分かる「投資に役立つ決算書」セミナー


●講座趣旨



決算書を見て投資に役立てたいが、
どこをどう見ればよいかわからない。



こういった悩みを抱えながら、投資をされている方はいませんか?



ファンダメンタルに基づく投資では、企業業績が株価に反映され、
投資家はそのリターンを享受します。



ですから、 企業が倒産せずに、今後も利益を上げ続けられるかを
決算書から読み解く力は、大きな武器となります。


しかし、大半の初級投資家の方が、

■決算書を見てみたが、量が膨大すぎて読む気がしない。
  ■決算書を見てみたが、難しく良くわからない。
  ■決算書の見方が良くわからない。


こう言った問題を抱えていらっしゃいます。


それもそのはずです、決算書と一口に言っても、



決算短信(中間決算・本決算)
有価証券報告書



などの種類があり、また業績修正発表や各種IRのリリースを含めると
結構な数があります。

そして、そのページ数は数十ページに上るものもあります。



これでは、膨大な情報量に圧倒され、見方が分からずに見た場合、
読む気がなくなってしまうのも無理はありません。





また、決算書を読めないがために、



 ■業績が酷い企業を掴んでしまって大損した!!



こういった経験を少なからずしたことがあるのではないでしょうか。


このような悩みもこのセミナーをごらん頂いた後には、解決します。
膨大な決算書の中から、必要な部分を効率的に読めるようになります。


実は、決算書で見るべきポイントは、実はそれほど多くはありません。
大きく分ければ、次の4点に絞られます。



 1.損益計算書(P/L)から、企業の”経営成績”を見て、
   儲かっているかをチェックする



 2.貸借対照表(B/S)から、企業の”財務状態”を見て、
   「懐具合はどうか」をチェックする



 3.キャッシュフロー・フロー計算書から、企業の”キャッシュフローの状況”
   を見て”金回りに問題ないか”をチェックする



 4.業績予想から、”今後の見通しはどうか?”を確認する


たったこれだけで、投資家が見るべきポイントは
ほとんど網羅できます。



見方も、数字の良し悪しで判断するものが大半ですので、
見方がわかれば非常に明瞭です。


本セミナーでは、決算書の解説にとどまらず
実際の企業の決算書をサンプルとして、演習を交えて解説します。



このセミナーを受講した後は、皆さんのお手持ちの”所有銘柄”の決算書を
すぐに見てみたくなることでしょう。


そして、セミナーの講師を務めていただくのは、角山氏です。



角山氏は決算書を読み解き、その企業業績に対し、
割安な株を買うバリュー投資で、



この10年間、平均株価がほぼ横ばいの中で、
TOPIXに対して600%のリターンをあげた個人投資家です。


今回のセミナーはこの角山氏が、決算書を「投資に活かす」視点で、 どう見るべきか?に焦点をあて、徹底的に解説させていただきます。



下記の角山氏のコメントにあるとおり、投資家として「決算書の何をみるべきか」を理解することが 非常に重要です。


☆角山智氏よりコメント☆

こんにちは、角山智です。

 決算書は立場により読むべきポイントが違います。決算書に詳しければ投資に
成功するのならば、会計士や銀行員は大金持ちですね。そうでないのは視点が違
うからです。

会計士の先生は「会計的に正しいかどうか」を詳しく見ます。

銀行員は決算書の見方を良く知っていますが、視点は、
「お金を貸してもいいか。貸したお金が返ってくるかどうか」です。

私たち投資家は「その会社の株が買えるかどうか」がわかればOKです。

今回は、この「その会社の株が買えるかどうか」を決算書から判断できるように
なるまで徹底的に講義する予定です。

投資をする上で決算書の読み方に自信のない方は、ぜひこのセミナーを
お役立てください。


角山氏に直接学び、決算書をしっかり読む力をつけることで
他の投資家に差をつけ、より高いリターンを
得ることができるようになるでしょう。


その企業が、



投資家から集めた資金をビジネスで”高利回り”で運用出来るかどうか?
その結果、株主にリターンを還元出来る企業であるかどうか?



このようなことを理解し、ギャンブルではなく、しっかり資産を形成できる”投資力”を身につけるために、



決算書を読む力を今すぐこのセミナーで身につけてください。
詳細は今すぐ ココをクリック!
posted by セミナーさん at 06:46 | 宮城 ☔ | Comment(0) | 「投資に役立つ決算書」セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エンジュク株投資セミナー 株之助のデイトレード
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
株から、IPOへ