2013年05月02日

手間をかけずに安定的に儲けるFXキャリートレードセミナー

投資資金が、2年で倍くらいになることを想定している方法です。

週末に1回程度のポジションチェックの労力だけで、
元手300万円程度で毎月10万円の収入を期待できる投資法があるとしたら、
あなたは知りたくはないでしょうか?

手間をかけずに安定的に儲けるFXキャリートレードセミナー

本講座では、「FX」のキャリートレードで、
安定利益をあげている投資法について学びます。


これは、25年間かけて投資で大きな資産を築いた
ふりーパパ氏が実践して高い利益をあげている投資法です。


エンジュク株投資セミナー
posted by セミナーさん at 18:15 | 宮城 ☁ | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年01月03日

2つの通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー

2つの通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー

【東京開催!】 1月31日(土)【13時30分〜16時40分】



2009年1月6日(火)まで、早期割引18,000円でお申込み頂けます。
ご希望の方は今すぐお申し込み下さい。














アメリカのサブプライムショックが発端となり大荒れとなった2008年の金融市場。

株式市場を見る日経平均はバブル崩壊後の最安値を更新、
為替ではドル円が1ドル90円、ユーロ円は1ユーロ110円前半まで下落、
一時は1週間で10円もの急激な円高が起こり、長期スワップ狙いの
投資家の多くがわずか数週間で致命的な損失を被りました。

また、スワップではなく差益重視のトレーディングであっても
リスクコントロールできなければ非常に難しい相場環境だったといえます。

今年のような変動の大きい相場状況ではあなたは何を基準にトレーディングを行いますか?
また、どれくらいのリスク許容度で運用を行いますか?

相場は勘や運で勝ち続けられるほど容易なことではありません。
まして昨年のような相場では、勝ち続けるためには間違った投資法を早期に見直すことや
売買タイミングの精度をあげる必要がありますし、レバレッジの有効な運用も考えなければなりません。

それはプロが優位であるといわれる相場の中、FX取引は
投資方法を工夫することによりプロにはない優位性で我々個人投資家も取引が行えるからです。

例えば、下記の鈴木郁雄氏のコラムをご覧下さい。

                ●FX BLOG「鈴木郁雄の実践・為替ストラテジー」より抜粋

銀行のディーラーは実績をあげていれば、基本的には定年退職まで継続可能かもしれないが、
為替取引となると肉体勝負の一面もあり、長年継続するわけにもいかないのが現状ですね。

まして10年も20年も為替ディーラーを第一線で続ける世の中でもなく、
為替ディーラーたる本質も大分様変わりしていることは否めない。

サラリーマンディーラー若しくは自称ディーラーと名乗る人間は捨てるほどいるが、
戦力としては期待されていないのが今の金融機関の実体とも言える。

だからアナリストばかり優遇されていると言う不満も耳にするが、
エコノミストや評論家が為替のウンチク述べたところで実践にも結果にも
繋がらないのは至極当然と言える。

鈴木氏がコメントしているとおり、為替ディーラーだからといって誰でも勝てるわけではなく、
むしろ、

どのような戦略を持ってトレードを行うのか?

のほうが、より重要だということです。では鈴木氏は一体どのような戦略を持って
トレードを行っているのでしょうか?下記鈴木氏のコメントをご覧下さい。



既存のテクニカル分析に疑問を感じている方、損切りが上手にできない方、ファンダメンタルズ分析が
苦手な方、 着実に収益を求めたい方など、そのような迷い道にある投資家は少なくありません。
個人投資家がプロのディトレード戦略を真似たとしても、勝てる保証はゼロに等しいでしょう。

個人投資家が、限られた情報源、限られた時間内、限られた資金枠の中で、確実に売買タイミングを
見つけ出すことは 容易ではありません。

一つの通貨ペアでは不十分なテクニカル分析でも、二つの通貨ペアの乖離幅チャートならば、
的確な売買タイミン グを見出す確率が高まります。

その仕組みが判れば、為替相場の本来の楽しさを倍増させてくれます。




鈴木氏はフランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行の外国資金本部長、
為替のディーラーとして厳しい環境の中20年間第一線で活躍しました。

ソシエテ ジェネラル銀行に勤務した直後はスミソニアン体制が崩壊し、
1ドル308円の固定相場制から変動相場制に移行した時期であり、その頃からずっと
為替相場の変遷を見てきています。

また、鈴木氏が伝説の外為ディーラー中山茂氏を、一人前になるまで5年間指導したことは、
非常に有名なお話です。

その鈴木氏が為替を見る上で指標としているのが、上のコラムであげた”2つの通貨ペアの乖離幅”
であり、今回のセミナーはその乖離幅を使った戦略を中心に解説していきます。

2つの通貨ペアの乖離幅とは、
例えばユーロ円、ドル円などの2つの通貨ペアの乖離幅のスプレッドに注目し、
スプレッドの拡大、縮小に指標に仕掛けます。

下記は、今年2008年に実際に鈴木氏のシグナルどおりに売買した場合に
どのようなトレード結果になったかを示しています

☆★実例紹介★☆

@ユーロを軸としてみた、ドル円相場でのトレード例



これは、ユーロを軸としてみた2つの通貨ペア(ユーロドル、ユーロ円)の
2008年4月〜12月の推移と乖離幅を示しています。

ここで取り上げるのは、その2つの通貨ペアの乖離率に着目して行ったトレードです。

2008年のドル円相場では4月〜6月は2つのチャートの上下の位置関係は
ユーロドル>ユーロ円(ユーロドルの下にユーロ円チャートがある状態)になっています。

ここでは、ユーロドル売り/ユーロ円買いのスプレッド取引のポジションを組み、乖離幅の縮小を狙ったトレードを行います。A地点とB地点で出た買いシグナルにしたがってトレードを仕掛けました。


乖離幅は徐々に縮小し、このトレードは緑の解消シグナルにより決済を行いました。結果は以下のとおり



わずか2ヶ月間、1万通貨の取引ですが、+66,600円の成果となりました。

このトレードの後、2つの通貨ペアはもみあいを続け、7月ころからまた乖離幅が大きくなってきています。

今度は、2つのチャートの上下の位置関係は逆転し、
ユーロドル<ユーロ円(ユーロ円の下にユーロドルのチャートがある状態)になっています。


ここでは、ユーロ円売り/ユーロドル買いのスプレッド取引のポジションを組み、乖離幅の縮小を狙ったトレードを行うチャンスとなっています。またもやC地点とD地点で買いシグナルが出てトレードを仕掛けています。

このトレードは10月ごろの緑の解消シグナルにより決済を行いました。結果は以下のとおり


こちらもわずか2ヶ月間、1万通貨の取引ですが、なんと2回のトレードで合計18円抜き、
+180,300円もの成果となりました。



簡単なトレード例をご覧頂きましたが、この乖離幅を使ったトレードのイメージが沸きましたでしょうか?

乖離幅を使ったこのトレードは、2つの通貨ペアを見ながらトレードを行うので他の通貨ペア(ポンド円ードル円)
(豪ドル円ーユーロ円)などでも実践可能です。

一見簡単なトレードに見えますが、買いのタイミング、売りのタイミング、リスク管理や売買の工夫など、
このトレードを成功させるには鈴木氏の様々なノウハウが隠されています。

今回のセミナーでは、そんな鈴木氏の初心者から上級者まで運用可能な乖離幅を使った
トレーディングのノウハウ、そして、20年のディーラー経験に基づく投資哲学を、
3時間にわたって講演いただきます。

なお、下記は弊社で3年前に行った、乖離幅を使ったペットチャートのセミナーの様子です。




リスクの話を多くしてくれたのがよかったです。またディーラーの裏話が聞けたのもよかったです。為替の乖離幅でトレードするという考え方自体が新鮮でよかったです。

ペットチャートに関して「なるほど、そういう考えがあるのか」と感じた。自分ありに改良して取引の幅を広めたい。

最近FXの話題とそれの成功例が書籍などで宣伝されているが、この講義は安易な取り組みに注意をならしてくれた。しかし、10%くらいのリターンを得るには最適な取引商品であることが判った。

投資家の心理に関して本音の話が聞けてよかった。個人投資家がプロに比べて有利な点もあることがわかって自信がついた。

現在NZDの長期保有していますが、次のチャンスを探すアイデアがなかったので、そのツールとして参考になりました。

為替に携わっってきた方の生の声、実態を包み隠す事なく、ありのままに伝えていただいたところが非常に参考になりました。

売り買いのタイミングが理解でき今後の売買に自信が持てた。また反面損切りに対しての覚悟も再確認でき価値があったと思う。

株の裁定取引が為替でも使えることがわかった。AUD/JPY、NZD/JPYで取引してみたい。

為替ディーラーがどのようなことを考えて取引しているのかがわかってよかった。

投資では一番重要なことは自分に勝つことと感じている。この事に何回もふれていただいたことは非常によかったと思う。

安全性が高い方法を紹介していただき、よかった。

講師の的確な話がとてもためになった。高いレベルでの話だと思います。

そして、今回3年前の内容をよりパワーアップし、また取引手法も現在の相場によりあわせた内容を
鈴木氏自ら皆様に解説させていただきます。
分かりやすいこの乖離幅を使ったペットチャートですから、すぐにでもあなたの取引手法に加えていただけます。

その経験に裏打ちされた、レバレッジコントロールや乖離幅の応用方法や投資哲学は
外国為替証拠金取引の基礎的なことを学習した方であれば、これまでになかった、
FX投資の方法に、感動を覚えていただけることと思います。
また、すでに経験がある方にとっても有効な投資法になることでしょう。

鈴木郁雄氏のプロの生のノウハウを目にする、こういった機会はなかなかありません 。

長期間の投資人生でより利益を最大化するために、鈴木郁雄氏から
実践的なFXトレード戦略を習得してみませんか?
2つの通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー





2つの通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー

【東京開催!】 1月31日(土)【13時30分〜16時40分】



2009年1月6日(火)まで、早期割引18,000円でお申込み頂けます。
ご希望の方は今すぐお申し込み下さい。




20年のキャリアを持つ外為ディーラー鈴木郁雄流!
2つの通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー

第一部 21世紀のFX相場

(1) 21世紀FX相場の変遷 
(2) 取引通貨対象を絞る
(3) リスク管理と自己管理の徹底  
(4) 為替リスクの許容範囲を知る。
(5) 運用利回りを重視、投資金額を2倍にする戦略性を!
(6)レバレッジの有効活用
(7)キャリートレードの起点とは 
(8)投資戦略シナリオには起承転結!分散型投資術

第二部 2つの通貨ペアの乖離幅と相関性 基礎編

(1)主要3大通貨ペアの乖離幅を探る。
(2)オセアニア通貨の裁定取引(スプレッド売買)
(3)欧州3大通貨の組み合わせ ユ−ロ円+ポンド円+スイスフラン円 

第三部 通貨ペアの乖離幅で売買タイミングを探る。実践・応用編

(1)ユーロドル編 (ユーロ円−ドル円)
(2)豪ドル編 (ドル円―豪ドル円)
(3)ニュージランドドル編 ( ドル円―ニュージランド円)
(4)カナダドル編 (ドル円−カナダ円)
(5)ポンド編 (ドル円−ポンド円)
(6)スイスフラン編 (ドル円−スイス円)
(7)米ドル編 (米ドルの強弱を検証 ドル円+ユーロドル)
(8)ドル円編 (ユーロ円VSユーロドル)
(9)チャート簡易作成方法 

第四部 間違いだらけの投資哲学 

(1)為替のプロのテクニックを検証 
(2)プロにはできないアマの優位性とは!
(3)ディトレーダーの悲劇
(4)テクニカル分析の整合性?
(5) 投資心理の脆弱性を知る!
(6) 損切りには美学はない。損切りの達人になれ!
(7) データ・情報源の限界を知る。
(8)FXシンドローム(逆張り、順張り、ナンピン、塩漬け)

※講座内容は予定です。若干内容が変更となる場合がございます。
2つの通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー
posted by セミナーさん at 08:00 | 宮城 ☀ | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年08月18日

通貨ペアの乖離幅で儲ける

通貨ペアの乖離幅で儲ける

20年のキャリアを持つ外為ディーラー登場 脅威の的中率!


通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー



FXの短期売買

通貨ペア間の乖離幅を利用してサヤ取りで利益を上げたい方向け。








     通貨ペアの乖離幅で儲ける


20年のキャリアを持つ外為ディーラー登場 脅威の的中率!


通貨ペアの乖離幅で儲けるトレーディングセミナー



初心者から上級者までおすすめ可能な、乖離幅を使ったトレーディングノウハウ、および、20年のディーラー経験に基づく投資哲学を、3時間たっぷりご講義頂く予定としております。

外国為替証拠金取引の基礎的なことを学習した方であれば、これまでになかった、新しい相場の見方に、感動を覚えていただけることと思います。

捉え方によっては、売り、買いのどちらとも採れる、テクニカル分析や、ファンダメンタルズ分析ではなく、乖離幅という、明確かつシンプルな手法を使って、あなたも着実に収益を上げてみませんか?





通貨ペアの乖離幅で儲ける
トレーディングセミナー


【講義概要】

第一部 実践為替ストラテジー

(1) 分散投資の重要性
(2) 通貨対象を絞る
(3) レバレッジを有効活用する
(4) 為替リスクの許容範囲を知る
(5) 投資心理の脆弱性を探る
(6) 運用利回りを重視すること。
(7) 損切りには美学はない。上手な損切りとは
(8) データの詰め込みすぎは逆効果



第二部 為替市場の実体を探る

(1)為替のプロは上級者ではない
  (プロのファンドマネージャーは一年で半分は消える)
(2) 元為替ディーラーも実践経験者であるが、収益性は低く、中級に属する。
(3)プロのテクニックを検証
(4)バランス感覚がキーポイント
(5)テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の謎
(6)円高概念V円安概念の根拠を探る
(7)日銀介入操作の習性を知る

第三部
各通貨ペア間の乖離幅を見ながら収益を狙うトレード手法

(1)リスクの程度を見ながら売買を 3段階分割投資法
(2)低金利だから出来る外貨投資 売買タイミングを重視
(3)乖離幅による主要通貨の売買シグナル「基準値設定」
(4)乖離幅を活用した売買を徹底検証
4-1)
ドル円とユーロ円の乖離がユーロドルの水準を教えてくれる?
豪ドル、NZドル、ポンド、カナダドル、そしてドル円にも売買シグナルを
4-2)
単純加算方式 円安と円高の推移を検証して、売買タイミングを図る
4-3)
裁定取引を活用。安定収益を確保
4-4)
ペットでも判る簡単チャートの早見表
posted by セミナーさん at 07:49 | 宮城 ☁ | Comment(0) | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外為ディーラー養成講座

外為ディーラー養成講座

今井雅人の外国為替証拠金取引超実践編

15年間勝ち続けた伝説の男登場!外為ディーラー養成講座


外貨の短期売買で、長期間にわたって、収益をあげていきたい方向け。


常勝トレーダー今井雅人氏より、売買技術、生き残り続けるための、
心理、マネーマネジメントを学びます。








      外為ディーラー養成講座


外国為替証拠金取引は、2つの使い方があります。

「積極的にトレードし為替差益を狙っていく方法」と、「内外の金利差を利用し金利収入を継続的に得る方法」です。

長谷川は、積極的にトレードし、今月(2005年8月)20万の収益を手にしています。


今回のセミナーは、積極的にトレードし、為替差益を狙っていきたい方に向けて、超実践的なセミナーを開催させていただきます。

講師は、15年間にわたり、年間のマイナスが一度もないという運用実績をあげ、常勝トレーダーと呼ばれた、今井雅人氏をお迎えしております。

相場に本気で取り組まれている方なら、お分かりいただけると思いますが、常勝ディーラーの投資哲学・売買技術を知るということは、本当に貴重な機会であるといえます。


今井氏のすごさを感じていただくため、「外国為替トレード勝利の方程式(日本実業出版社)」から、氏の文章を引用させていただきます。



―――↓ここから↓―――

トレードとはゲームである。当然のことながら、ゲームに勝つにはルールや参加者の特徴を把握したうえで、勝つための技術を研究・実践する必要がある。

しかし、トレードで儲けることができないと悩んでいる人に限って、不思議とこのことに無頓着なのだ。

トレードに勝つための技術としては「内と外」の両方を知ることが重要である。
「外」とは外部環境、つまりファンダメンタルズ分析やテクニカル分析である。
そして、「内」というのは自分自身である。

自分の性格や資金量に合ったルールをつくり、それから自分自身をいかにコントロールしていくかである。

孫子の兵法に「彼(敵)を知り己を知らば、百戦殆うからず」という有名な言葉があるが、これはまさにゲームに勝つための黄金律といえる。

―――↑ここまで↑―――



私たちはこの文章を読んだとき、不思議な感覚に包まれました。

「強い人は、皆同じことを言うなぁ。」

これが、相場で収益をあげるための本質なのだと思います。

当社スタッフはこれまで、年間、数百万、数千万稼ぐ個人投資家に数多く、お会いしてきましたが、不思議と強いトレーダー・投資家は、皆一様に、自己規律の重要性を口にします。


本セミナーは、UFJ銀行のチーフディーラーであった、今井雅人氏のすばらしさを最大限に引き出すべく、あえて内容を実践的なものに絞らせていただいております。

「スワップって何?」、「どの会社がいいの?」
といった疑問をお持ちの方は、山根先生のセミナー、

「実際に収益があがっている個人投資家の手法を知りたい!」
という方は、田平先生や、新井先生のセミナーをご覧ください。

またエンジュクでは、外国為替証拠金取引についての充実学習したコンテンツもご用意しております。

今回は、外貨の短期売買で、本当に長期間にわたって、収益をあげていきたいと考えられている方限定で、以下の内容をご講義いただくこととしております。

●トップディーラーとして15年間勝ち続けてこれた理由
●ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析による相場観の作り方
●私が体得した売買技術
●生き残り続けるための、心理、マネーマネジメント


尚、上記のような知識については、株式、デリバティブ、商品先物のトレードにおいても、必ずや役立つものであると思います。

他の投資対象であれ、本気で相場で高いパフォーマンスを残して行きたい方は、是非ご参加いただきたいとおもいます。


私たちはこれまでのセミナーで得た知識を使って、実際の相場で果実を手にしています。資金は少ないため、まだ相場で飯を食うほどには、稼げていませんが、今のところ収益があがっています。

あなたもトップディーラーから学んだトレーディングテクニックを使って、実際の果実を手にしてみませんか?

以下のような方に、当セミナーをおススメします!
■外国為替証拠金取引の基礎はわかっている。より実践的な売買術を教えて欲しい
■プロのテクニックを盗みたい
■毎晩、トレードしているが、いまいち成果がパッとしない
■デイトレード、スイングトレードに積極的に挑戦したい



今井雅人の外国為替証拠金取引超実践編

15年間勝ち続けた伝説の男登場!外為ディーラー養成講座


【講義概要】

15年間勝ち続けてきたこれだけの理由

・ マージャン、剣道、相場の共通点
・むずかしい相場と簡単な相場
・トレードは人間の行動心理学
・「儲からないトレーダー」にならないための鉄則

トレード技術 − 相場観のつくり方
・ファンダメンタルズかテクニカルか?
・相手の心理の読み方
・相場に影響をおよぼす経済指標
・日本の経済指標はどのくらい大事か
・市場も間違える

トレード技術 − 売買テクニックを磨く
・相場では「入り口」が大事
・「出口」のルール
・最初は小さく、後は段々大きく
・レンジ相場を生き抜ためのコツ
・精神的な「リスク許容度」という考え方
・「トレードノート」をつけよう

精神力を高める
・もう一人の自分をもつ
・局面での負けを認める
・相場の流れもいつかは変わる
・自分の限界をしれ
・自分の得意技を会得する
posted by セミナーさん at 07:40 | 宮城 ☁ | Comment(0) | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元手10万円からの外国為替証拠金取引

元手10万円からの外国為替証拠金取引

新井邦宏の毎日が給料日!


カリスマトレーダーが教える
元手10万円からの外国為替証拠金取引実践セミナー








元手10万円からの外国為替証拠金取引実践セミナー



FXのトレンドフォロー型のテクニカル分析で短期間で利益を上げたい方向け。FXトレードがどんなものか知りたい方。


講座趣旨

当商品は、外国為替証拠金取引に関する基礎的な解説が一部含まれていますが、カリスマトレーダー新井邦宏氏の売買テクニック・相場分析手法に関する解説が主な内容となっております。

外国為替証拠金取引に関する基礎的な知識を身に付けてから、ご視聴いただくことをおススメいたします。


参加者が感動された驚愕の内容紹介(抜粋)
・ トレンドフォローの考え方に基づく売買の実践
・一目均衡表を用いた相場分析
・損切りの重要性
・相場に臨む姿勢
・デイトレードの基本的な考え方
・勝ち続ける個人投資家の主流となっている売買スタイル
・相場で食べていくためのリスク管理

ここに、各国の政策金利をまとめました。

日本 0.1%
アメリカ 2.25%
オーストラリア 5.25%
ニュージーランド 6.50%

これまでの日本人は世界でもまれなほど「国家」に対する信頼の厚い国民でした。
信頼の厚さは、依存にも通じます。

ところが、優秀なはずの官僚や政治家は年金制度の計算を間違え、公共事業という無駄遣いを重ね、社会保険制度が立ち行かなくなるのは時間の問題となってきました。

 また政府と地方自治体の長期債務残高が併せて960兆円と膨れ上がっています。

これは1世帯あたり2040万円の債務ですから、最近の増税ラッシュで乗り切ろうにも、国民のほとんどを破産させても払い切れる債務ではありません。

このまま日本という「国家」のみを信頼し、依存し続けるととんでもないことになることが、だんだん明らかになってきています。

日本人のすべてが為替相場の仕組みを理解し、外貨資産や外為取引について真剣に考える時代がやってきたようです。


ところで皆様は、将来の日本に強気ですか?
ほとんどの日本国民がなんとなく弱気に思っているのが現実だと思います。

しかし大多数の方が日本円のみにポジションをとっています。(資産を円ベースのみで運用している)
これは国際的な常識で見ると非常に危険であるといえるでしょう。


そこで当セミナーでは、新しい金融商品として注目度の高い「外国為替証拠金取引」について4時間みっちりと学習します。

外国為替証拠金取引は、外貨預金と比べ、手持ち資金の何倍もの外貨取引をすることができる上、10倍以上安い手数料で取引が可能です。外国為替証拠金取引のメリットを簡単にまとめると、以下の通りとなっております。

レバレッジをかけることが出来る(通常3倍〜15倍程度で調整可能)
外貨預金よりも手数料が10倍以上安い
スワップ金利を受けられる(円よりも高金利の通貨を購入することで金利の差分を毎日受け取ることが出来る)


例えば2004年1月に証拠金50,000円で、ニュージーランドドル10,000ドルを買い建てて、2004年12月に売却したと仮定すると・・・。

2004年1月 → 1NZドル=70.54円  10,000NZドル=705,400円
2004年12月 → 1NZドル=73.59円  10,000NZドル=735,900円
為替差益 → 735,900円−705,400円=30,500円
スワップ(金利収入) → 130円×365日=47,450円
合計損益 → 77,950円

投資金額は証拠金の50,000円のみですから、投資金額に対するリターンは・・・。

77,950円÷50,000円=155.9%

となります。為替のレートが変わらなかった場合でも、スワップ金利は受け取ることが出来ますから、

47,450円÷50,000円=94.9%

となります。

レバレッジをかけているため、思惑と反対の方向へ動くと、大きな損失を被るのは言うまでもありませんが、非常に魅力的な取引であると言えるでしょう。


当セミナーは、プロの個人投資家として絶大な支持を受けている新井邦宏先生をお迎えし、外国為替証拠金取引を開始する上で必要となる知識を、4時間じっくりと学習します。


新井先生は多くの個人投資家から絶大な支持を受けている、「投資の王道」シリーズの著者であり、当セミナーを受講すれば、外国為替証拠金取引で収益を上げるためには何をするべきかが明確になることでしょう。


ビギナーのあなたも、外国為替証拠金取引
で大きな果実を手にしてみませんか?
posted by セミナーさん at 07:34 | 宮城 ☁ | Comment(0) | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国為替証拠金取引入門セミナー

外国為替証拠金取引入門セミナー

田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!

FXの基礎知識から実践知識までを得たいサラリーマン向け。


簡単なテクニカル分析に基づくスイングトレード。

短期で大きく利益を上げたい方向け。









     外国為替証拠金取引入門セミナー


田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!



田平氏は、FXの基礎知識から、

実践に使える具体的な売買手法まで、このDVDで、以下ついて惜しみなく公開されています。


FXの基礎知識
●スワップ金利を狙う手法
●レバレッジの活用
●通貨の選び方
●注文方法
●逆指値によるストップロス
●トレイリングストップ
●タイミングを計るテクニカル手法


特に21日間で2倍強の利益を上げる際に使用したテクニカル指標、MACD、スローストキャスティクスの解説は必見です。


資金管理や、ロスカットについても言及されていますので、

外国為替証拠金取引で、これから着実に利益を積み重ねて行きたいと考えている方には、自信をもっておススメできる内容となっております。


スワップ金利を確実に稼ぎながら、
タイミングを計ってキャピタルゲインを得ていくために、
田平氏のFX投資手法
を、今すぐ学んでみてください。
posted by セミナーさん at 07:29 | 宮城 ☁ | Comment(0) | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国為替証拠金取引実践セミナー

外国為替証拠金取引実践セミナー

田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!

FXスイングトレード。サラリーマン向け。

シンプルなテクニカル分析に基づくトレード。
短期で大きく利益を上げたい方向け。









        外国為替証拠金取引実践セミナー



田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!



講座趣旨

前回の入門セミナーを見て、我々エンジュクのスタッフ全員が、田平先生が実際に外国為替証拠金取引で大きな収益をあげていることを確信しました。

そして参加された方の多くが実践編にも参加を希望された状況からも、田平先生の高い実績と、そのトレード手法の再現性の高さがご理解いただけると思います。

エンジュクでは、田平先生、新井先生による外国為替証拠金取引のセミナーを開催しました。

その結果、外国為替証拠金取引は、

「現在明らかに有利な状況下にある。」と捉えています。

ここに、各国の政策金利をまとめました。
日本 0.1%
アメリカ 2.25%
オーストラリア 5.25%
ニュージーランド 6.50%


円で外貨を買い建てることにより、円と、外貨の金利差がスワップ収入として手元に毎日入ってきます。

たとえば現在オーストラリアドルを、10000ドル購入したと仮定します。


5万円の証拠金で、10000ドルの豪ドルを購入した場合、1日なんと120円程度の金利収入が手元に入ってきます。これは、年間になおすと、約4万円強。


豪ドルと円の水準がこのまま変化しなかったと仮定すると、何も売買することなく、年利80%の運用益を手にすることが出来るのです。


田平先生も、新井先生も株式投資にも精通された方ですが、お二方ともセミナーの冒頭でこう話されました。


「外国為替証拠金取引は現在、使う人が使えば、大変おいしい商品です。」




そんな注目を集めつつある、外国為替証拠金取引のセミナーは当社でも沢山の方々にご参加頂きました。



今回は実践編ということで、田平先生が日頃使用しているチャートを使って、仕掛けのポイント、利食いのポイントを具体的に説明していきます。

MACDや、スローストキャスティクスを活用したトレード手法をご覧になった方は、きっとすぐにでも外国為替証拠金取引をはじめたくなることでしょう。


外国為替証拠金取引は、

たとえ勝率5割で、売買による収益がゼロだとしても、外国の通貨をロング(買い)している限りは、お金を手にすることが可能です。

利益を上げ続ける現役の個人投資家から、本当に利益が上がった手法をタップリと学んでみませんか?
posted by セミナーさん at 07:23 | 宮城 ☁ | Comment(0) | FXトレードセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エンジュク株投資セミナー 株之助のデイトレード
石田高聖の投資塾
個人投資家の為のトレーダーズショップ
負け組からの、株勝者への道
株から、IPOへ